ドル円レート推移(相場観)【2017年10月4日(水)】

Pocket

こんにちは、よろしくお願いいたします。

ドル円ですが、先週今週と頭が重たくなってきていますね。

このまま失速して下落の方向へ向かってしまうのか。それとも、下値で支えられて再度上昇を開始していくのか。今後のトレードのポイントとなるところを一緒に確認していきましょう。

これは、ドル円チャートの日足です。

日足ということは、1本のローソク足が一日の値動きを表しています。

こうやってチャートを見てみると、上下を繰り返しながらも高値安値を切り上げながら上昇を継続していますね。

ただ、赤線でも引いているように先週も今週もこの赤線のレベルで何度も抑えられてしまっています。

このように高値が抑えられている状況のことを「頭が抑えられる」といった表現をしたりしますが、まさに今がそうですね。

特に上ヒゲを伸ばして抑えられていますので、赤線レベルのレジスタンス(=抵抗線)はしっかりとした売り圧力となっているようです。

今後については、まずこの赤線のレジスタンスをどのように捉えていくかが重要なのですが、ひとつめが、この赤線レベルをしっかりと上抜いて行けなければ下に行くしかないということです。

前回も触れましたが、相場は上に行けなければ下に行くしかないのです。

そして、ふたつめはこの赤線のレジスタンスをしっかりと上抜いてブレイクできれば、それだけの売り圧力を吸収してのブレイクとなるため、更なる上昇の確率は上がることになります。

では、トレード的にはどうしたらいいのでしょうか。

それは、高値安値を切り上げながら上昇を継続している以上、買い方針で進めたいところですね。

上昇途中での安易な売りはしたくないです。

ということで、押し目があれば買っていきたいです。
例えば、赤○を2つ示しましたが、ここはサポート(=支持線)として見ることができますので、このレベルで支えられていれば買っていきたいです。

最終的には、一番下のライン辺りをしっかりと割り込まない限りは買い方針で進めたいです。

なお、赤線をしっかりと超えていければ一番上のラインが目標値として浮上してもいいですね。

さて、どうなるでしょうか。

無料E-Book ダウンロード

多くの人が相場で負けてしまていますが、実はそれ、ある法則のためで当然のことであります。

でも、ちょっとしたことで抜け出すことができますので安心してください。

無料といっても、トレーダー育成講師の立場から誰も語りたがらない真実を書きました。

【無料E-Book】

相場で負けるのは、実は
ある法則で当たり前のこと!
でも安心
ちょっとしたこの3つを変えるだけで
10%の勝ち組に入れる!


これを読んで勝ち組トレーダーの一員になってください。

 

メールアドレス
(必須)


お名前







なお、ご登録いただいた方には、トレード技術の向上や修復に役立つ無料メルマガ【トレード術を学ぶ黒田のFX塾】をお届けいたします。
※不要な場合は、いつでもワンクリックで解除できます。


SNSでもご購読できます。