最新チャートで見る相場の見方と考え方【2017年11月16日(木)】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。

詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、黒田です。
よろしくお願いいたします。

さてドル円ですが、これまでは高値圏でのレンジ相場でしたが、ここにきてレンジ下限を割り込んできましたね。

直近では高値安値を切り下げる動きとなっていることで、今後のトレードのポイントはどこなのか気になるところです。

ということで、今後のトレードポイントを一緒に見て行きましょう。

まずは、チャート(ドル円の日足)を見てみます。

チャートを見ると、今月上旬に115円手前まで上昇しましたが、その後は上2本のラインのレンジ相場となってしまい、横ばいで推移していました。

それが、昨日になってそのレンジ下限である真ん中のラインを下に割り込んだことから、レンジ相場が崩れました。

これにより、時間足レベルではすでに売り相場となってしまいましたが、日足で見る限りでは、まだ単なる押し目の範囲内であると判断しています。

確かに、赤線で引きましたように高値更新後は高値安値を切り下げている状況で、直近の安値も切り下げていますので売りから始めることも有りな状況ではあります。

しかし、昨日レンジを割り込んでつけた安値は新たなサポートと見ることができ、且つ、下ヒゲも少し伸ばしていることから、日足ベースではここ(112.50円レベル)を割り込まない限りは買い方針で進めたいと思っています。

当然、仮にここから上昇するようなことがあっても、高値更新できずに高値を切り下げる動きを見せてくれば、反対にそこは売り込んで行く相場となります。

したがって、ポジションを持たずに上昇を確認でき、高値を切り下げるような動きを見せてきた場合は、そこは絶好の売り場と見たいですね。

まとめとこんな感じです。

  • 日足では上昇相場は継続しているので、昨日の安値(112.50円レベル)をしっかりと割り込まない限りは買い方針で進めたい
  • 仮に上昇したとしても、高値更新ができずに高値を切り下げるようなことになれば、それは高値安値の切り下げになるので、そこは絶好の売り場として見て行きたい

になります。

今後相場がどうなるかなんて予測することはできません。

できることは、「こうなったらこうする」という優位性のある取引と、反対に行ってしまった場合のリスク管理だけです。

でも、そんなトレード方法でもトータルで勝つことは十分可能です。

なお、私のトレード方法を学び、トレードで勝てるようになりたい方はここをご覧ください。私自身がしっかりサポートしていきます。

この記事を書いている人 - WRITER -

FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。

詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© FXの悩みを解決するためのブログ , 2017 All Rights Reserved.