最新チャートで見る相場の見方と考え方【2017年12月6日(水)】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。

詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、黒田です。
よろしくお願いいたします。

さて、ドル円はこれまでしっかりと支えられてきたサポートを割り込みました。

これにより、グレーとしていたトレードは売り転換となりましたね。

しかし、その後はやや相場は上昇しています。これをどのように捉えればいいのか、そして、今後のドル円をどのように見て行けばいいのか、そのポイントを一緒に見て行きましょう。

まずは、チャート(ドル円の日足)を見てみます。

チャートを見ると、11/22に一番下のラインであるサポートをとうとう割り込むに至りました。

これによってこれまでグレーとしていたトレードは売り方針となり、赤○にあるように相場もそこから4日間はこれまでのサポートがレジスタンスに転化して抑え込まれていました。

しかし、売り転換から5日目になってこのレジスタンスを上抜いて上昇するに至っています。

このように、売り転換したにも関わらず、相場が上昇していることをどう見て行くのかが今後のポイントとなります。

結論から申し上げると、この場合は単なる戻りの範囲内と判断しています。戻りというのは、相場を下落基調と見ている中の一時的な上昇という意味です。

相場は通り一遍等に直線的に変動するものではありません。したがって、売り転換後の戻りの値動きと見ています。

では、次にどこまで上昇したら売り方針を止めるのか、ということが問題になります。その答えについては、青○にあるように直近高値である12/4の高値(113.10円レベル)を上抜いた段階と見ています。

なぜなら、ここを上抜くということは、これまで高値安値を切り下げてきた値動きが反転して、高値安値を切り上げる動きに転換していると見ることができるからであります。

ということで、直近高値を上抜かない限りは売り方針を継続します。

相場が今後どうなるのかなんて分かりません。重要なことは説明のできるトレードを行い、ダメなら早めに損切り、利益が出てきたら膨らましていくだけです。

現在のところ、本日は上のラインで高値を抑えられていますので、今後このまま下落するのか、それとも反転上昇してしまうのか、そのあたりを意識していけばいいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。

詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© FXの悩みを解決するためのブログ , 2017 All Rights Reserved.