最新チャートで見る相場の見方と考え方【2017年12月15日(金)】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、黒田です。
よろしくお願いいたします。

さてドル円ですが、前回(12/6)は売り方針で進めて、直近高値である12/4の高値(113.10円レベル)を上抜いたら買い転換と書きました。

そして、その後はこの113.10円レベルを上抜いたことから買い転換となりました。
でも、それからまた下落している状態です。

この動きをどう見るのか、相場にどうのように向かっていけばいいのか、そのあたりに触れたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

まずは、チャート(ドル円の日足)を見てみます。

 

まず、チャートを見てみると、これまでポイントとして見ていた113.10円レベルを上抜いたことから売り方針から買い転換となりました。

そしてその後は、そのまま数日間上昇を継続しましたが、一昨日の下落によって113.00円の大台をもしっかりと割り込んでしまいました。この下落をどう見るのかが今後のポイントですね。

こういった場合、2つのトレードシナリオを考えることができます。

  • 1つめが、すでに113.00円の大台をもしっかりと割り込んでしまっているので、売り転換して少なくとも113.00円、もしくは直近高値の113.75円レベルを上抜かない限りは売り方針継続。
  • 2つめが、確かに113.00円はしっかりと割り込んでしまってはいるが、その下のこれまで何度も節目となっている112.00円レベルのサポートは割り込んでいないので、ここを割り込まない限りは買い方針継続。

もう少し詳しく見て行きましょう。

まずは1つめの売り方針です。

これは、エントリーとしては戻り売りを仕掛けます。しかし、113.00円や直近高値を上抜いた場合は早めに損切り、損失を小さく抑える、という方法です。

この場合、売り場としては113.00円の手前、もしくは直近高値の手前のレベルとなりますね。

次が2つめの買い方針です。

この場合は、112.00円レベルで支えられていれば、ダブルボトムとなっていると見ることができますので、ここを割り込まない限りは押し目買いをします。しかし、サポートである112.00円を割り込んでしまった場合は早めに損切りして、損失を小さく抑えます。

こんな感じです。

なお、今後どうなるのか分からないの?と思う方がいると思いますが、それは私には分かりません。

相場で勝つには予想を当てることではなく、相場の流れについていくことと思うからです。

なお、上記2つの方法を述べましたが、それなら一体どっちなの?と疑問を持つかと思います。

これについては、どちらでもいいという答えなのですが、私なら、難しいことは考えずに、今後の相場が下に行けば買い方針で試してみるし、上に行けば売り方針で試してみるだけです。

ということで、今後のトレードのお役立てればうれしいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© FXの悩みを解決するためのブログ , 2017 All Rights Reserved.