最新チャートで見る相場の見方と考え方【2018年1月12日(金)】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、黒田です。
よろしくお願いいたします。

早いもので、2018年がスタートしてもうすぐ2週間となります。為替相場は、というと若干動きがありましたね。

ということで、金曜日の週末ではありますが、今後のドル円の相場観をチャートを見ながら解説していきたいと思います。では、始めましょう。

これはドル円の日足チャートです。

前回からのおさらい

ドル円については、前回下記のように2つの売買方針を挙げてみました。

  • 1つめが、高値は切り下げている状態で、直近高値は113.40円レベルで何度も抑えられているので、この直近高値の113.40円レベルを上抜かない限りは売り方針。
  • 2つめが、高値は切り下がってきているが、これまで何度も節目となっている112.00円レベルのサポートは年初でも支えられて割り込んでいないので、ここを割り込まない限りは買い方針。

結果的には、まず1月8日に高値113.38円レベルをつけたことで、1つめの方針が有効となりました。

そして、その後は下落したので少なくとも100pips程度の利益は取れたかと思います。

次に、相場が下落したことで2つめの方針も有効となりました。これで112.00円レベル手前での買いが成立しましたが、相場はそのまま112.00円をも割り込んでしまったので、これは損切りで終了です。

でも、112.00円を割り込んだところで損切りしているので、わずかな損失で抑えられたかと思います。

その上で、新たに売りポジションを持った方はすでに100pips近くの含み益は発生しているので、トータルでは十分プラスになっているかと思います。

次に、今後の方針を見て行きたいと思います。

今後のドル円の売買方針

上記の日足チャートを見る限り、青○のようにすでに112.00円を割り込んでいる状態ですので、買いという判断はもうなくおり、売り方針で進めたいところです。

では、どこまで売り方針で進めるか、というと赤線のレベルまでは売り込んで行きたいですね。

この赤線である節目は、

  • 112.00円のサポートを割り込んだ日の高値であり、
  • 過去にも何度も節目となっていたレベルであり、
  • ここまでの上昇であれば、高値の切り上げにはならないから

であります。

ということで、繰り返しになりますが、日足ベースでの相場観としては、少なくとも赤線である112.80円レベルの節目を上抜かない限りは売り方針で進めたいです。

もちろん、ここをしっかりと上抜いたら損切ります。

また、時間足ベースでの相場観はまた別になりますので、ご注意ください。

まとめ

ドル円は週足レベルでは売り方針のまま変わらず、日足ベースでもこれまでの売り買い両方できる相場から、売り方針となりました。

これで週足、日足の足並みが揃いましたので、トレードもしやすいかと思います。トレードは相場が予想できれば勝てるものではありません。反対に、予想できなくても勝つことは十分できます。あなたもきっとなれるので、勝ちトレーダーになってください。

この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© FXの悩みを解決するためのブログ , 2018 All Rights Reserved.