FXで月に50万円稼ぐにはトレードでどれ位勝てばいいのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Pocket

FXを始める際の目標として、小遣い程度の月に5万円とか、生活費の足しにと月に10万円とか、あるいは専業トレーダーとして月に50万円稼ぎたいとか様々あると思います。

世間では切りよく100万円や1億円といった言葉が独り歩きしている感がありますが、ここでは地に足をつけて月に50万円を稼ぐには、トレードでどれ位勝てばいいのかを確認したいと思います。

1. 月に50万円稼ぐために必要なピプス(pips)は?

まずはじめに答えから確認してしまいましょう。
月に50万円稼ぐために必要なpipsは、ドル円やユーロ円といった〇〇/円のように右側が円になっている通貨ペアなら次のようになります。

・100万通貨の取引で50pipsの利益

・50万通貨の取引で100pipsの利益

・10万通貨の取引で500pipsの利益

※ユーロ/ドルやユーロ/ポンドのように右側が外貨の場合は、為替相場によって損益が変わってきます。

なお、pipsについての詳細はpipsとは何かをご覧ください。

それでは、個別に見ていきましょう。

2. 100万通貨の取引で50pipsの利益とは

2-1. 100万通貨の取引で必要となる投資資金はどれ位か

株の取引の場合、1株が100円の株を1,000株買おうと思えば、10万円(=100円×1,000株)の投資資金が必要となります。

しかし、FXは証拠金取引ですので本来必要な全額はいりません。具体的にはほとんどどのFX会社も証拠金率を4%にしていますので、本来必要な金額のわずか4%の資金(証拠金)で取引ができてしまいます。

※証拠金についての詳細は証拠金取引とはを参照してください。

2-1-1. ドル円の価格が100.00円の場合、100万ドルの取引の証拠金は

仮に、ドル円の価格が1ドル100.00円の場合、100万通貨である100万ドルの取引を行うためには、どれ位の証拠金が必要になるのでしょうか。

答えは、400万円です。

計算式はこうです。
100.00円×100万ドル×4%(証拠金率)=400万円

本来であれば1億円(=100.00円×100万ドル)の資金が必要となりますが、証拠金率である4%分の400万円で1億円分の取引ができてしまいます。

また、ユーロ円の価格が1ユーロ120.00円の場合、100万通貨である100万ユーロの取引を行うためには、どれ位の証拠金が必要になるのでしょうか。

答えは、480万円です。

計算式はこうです。
120.00円×100万ユーロ×4%(証拠金率)=400万円

本来であれば1億2,000万円(=120.00円×100万ユーロ)の資金が必要となりますが、証拠金率である4%分の400万円で1億円分の取引ができてしまいます。

2-1-2. 50pipsの利益を上げる取引とは

50pipsというのは、ドル円やユーロ円といった〇〇/円という通貨ペアの場合、0.5円(=50銭)と同じです。

つまり、ドル円ならば100.00円で買ったポジションを100.50円で売る(決済する)ことができれば、50pips(=50銭)の利益となります。

なお、1回の取引で50pipsとならなくても、1ヶ月間で10pipsの利益を5回で取っても、5pipsの利益を10回で取っても50pipsになります。

その意味で、投資資金である証拠金が用意できれば、わずか50pipsの利益で50万円の収入となります。

3. 50万通貨の取引で100pipsの利益とは

3-1. 50万通貨の取引で必要となる投資資金はどれ位か

50万通貨の取引であっても、証拠金率は100万通貨同様4%でありますので、本来必要な金額のわずか4%の資金(証拠金)で取引ができてしまいます。

したがって、具体的には下記のようになります。

3-1-1. ドル円の価格が100.00円の場合、50万ドルの取引の証拠金は

仮に、ドル円の価格が1ドル100.00円の場合、50万通貨である50万ドルの取引を行うためには、どれ位の証拠金が必要になるのでしょうか。

答えは、200万円です。

計算式はこうです。
100.00円×50万ドル×4%(証拠金率)=200万円

本来であれば5,000万円(=100.00円×50万ドル)の資金が必要となりますが、証拠金率である4%分の200万円で5,000万円分の取引ができてしまいます。

また、ユーロ円の価格が1ユーロ110.00円の場合、50万通貨である50万ユーロの取引を行うためには、どれ位の証拠金が必要になるのでしょうか。

答えは、220万円です。

計算式はこうです。
110.00円×50万ユーロ×4%(証拠金率)=220万円

本来であれば5,500万円(=110.00円×50万ユーロ)の資金が必要となりますが、証拠金率である4%分の220万円で5,500万円分の取引ができてしまいます。

3-1-2. 100pipsの利益を上げる取引とは

100pipsというのは、ドル円やユーロ円といった〇〇/円という通貨ペアの場合、1.0円と同じです。

つまり、ドル円ならば100.00円で買ったポジションを101.00円で売る(決済する)ことができれば、100pips(=1円)の利益となります。

なお、1回の取引で100pipsとならなくても、1ヶ月間で10pipsの利益を10回で取っても、5pipsの利益を20回で取っても100pipsになります。

1日平均で5pipsの利益であれば20日間で100pipsですので、投資資金である証拠金が用意できれば50万円の収入も可能となります。

4. 10万通貨の取引で500pipsの利益とは

4-1. 10万通貨の取引で必要となる投資資金はどれ位か

10万通貨の取引であっても、証拠金率は4%でありますので、本来必要な金額のわずか4%の資金(証拠金)で取引ができてしまいます。

したがって、具体的には下記のようになります。

4-1-1. ドル円の価格が100.00円の場合、10万ドルの取引の証拠金は

仮に、ドル円の価格が1ドル100.00円の場合、10万通貨である10万ドルの取引を行うためには、どれ位の証拠金が必要になるのでしょうか。

答えは、40万円です。

計算式はこうです。
100.00円×10万ドル×4%(証拠金率)=40万円

本来であれば1,000万円(=100.00円×10万ドル)の資金が必要となりますが、証拠金率である4%分の40万円で1,000万円分の取引ができてしまいます。

また、ポンド円の価格が1ポンド140.00円の場合、10万通貨である10万ポンドの取引を行うためには、どれ位の証拠金が必要になるのでしょうか。

答えは、56万円です。

計算式はこうです。
140.00円×10万ポンド×4%(証拠金率)=56万円

本来であれば1,400万円(=140.00円×10万ポンド)の資金が必要となりますが、証拠金率である4%分の56万円で1,400万円分の取引ができてしまいます。

4-1-2. 500pipsの利益を上げる取引とは

500pipsというのは、ドル円やユーロ円といった〇〇/円という通貨ペアの場合、5円と同じです。

つまり、ドル円ならば100.00円で買ったポジションを105.00円で売る(決済する)ことができれば、500pips(=5円)の利益となります。

なお、500pipsという数値はなかなか大きいもので、1回の取引で500pipsの利益を取ることは大きなトレンドが出ない限りは難しです。
そのため、1ヶ月間かけて500pipsの利益を取るには、複数回に分けて取っていく必要があります。仮に、1ヶ月間を20日とすると、1日あたりの平均は25pipsです。まったくできない数値ではないですが、コンスタントに毎日25pipsを取るにはそれなりの技術が必要になりますので、そのための訓練もやはり必要となります。

確かに少ない資金で、10倍以上の利益を狙うわけなので、それなりの技術は必要ですね。

5. まとめ

FXで投資を始める以上、利益を狙っていくわけですが、当然大きなpipsを取っていくにはそれなりの労力が必要になります。また、取引量を大きくする場合には、それなりの資金も必要ですし、なによりもメンタル面を鍛えなくては体を壊してしまいます。

利益とリスクは表裏でありますので、ギャンブル的な一発勝負ではなく、資金とトレード技術に合わせた目標を持って取り組むことが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料E-Book ダウンロード

多くの人が相場で負けてしまていますが、実はそれ、ある法則のためで当然のことであります。

でも、ちょっとしたことで抜け出すことができますので安心してください。

無料といっても、トレーダー育成講師の立場から誰も語りたがらない真実を書きました。

【無料E-Book】

相場で負けるのは、実は
ある法則で当たり前のこと!
でも安心
ちょっとしたこの3つを変えるだけで
10%の勝ち組に入れる!


これを読んで勝ち組トレーダーの一員になってください。

 

メールアドレス
(必須)


お名前







なお、ご登録いただいた方には、トレード技術の向上や修復に役立つ無料メルマガ【トレード術を学ぶ黒田のFX塾】をお届けいたします。
※不要な場合は、いつでもワンクリックで解除できます。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す