2017/11/08

FXのロット(Lot)とは?【FX初心者のための基礎用語解説】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら

FX取引をはじめると「ロット」という言葉で止まってしまう方が多いです。

私に届く初心者の方から質問でも多い部類に入るのですが、あなたはちゃんと答えられますか?

もしちょっと不安という場合でも安心してください。

今回はトレードにおいて非常に重要なロット(=Lot)について、はじめての方でもわかりやすく案内していきます。

ロット(Lot)とは

ロット(=Lot)とは「売買単位」のことです。

私たちの日常生活では、モノを買ったりするときに単位が決まっているものってありますよね。

例えば、たまごは通常10個や6個単位でパックに入っています。また、乾電池の場合、単三電池なら4本単位や10本単位で売っています。

このように、1単位ではなく「まとめたあるモノ」を売買するときの単位のことを「ロット」といいます。

FXのロットは取引会社によって違う

ロットというのが、売買単位であることは分かりました。では、FXでいう「ロット」とはどのような意味なんでしょうか。

それは、FXでいう1ロットとは「1万通貨」のことを意味します。

ひと昔だと、1ロットは10万通貨のことを意味していましたが、現在は「1ロット=1万通貨」にしている会社が一番多いです。

1万通貨単位とはどういう意味?

1万通貨とは、ドル円の取引の場合は「1万ドル単位」という意味になります。また、ユーロ円の場合は「1万ユーロ単位」という意味ですね。

決して、「1万円分のドル」や「1万円分のユーロ」ではありませんので、注意してください。

したがって、1万通貨単位で取引をする際は1万ドルの次は2万ドル、3万ドルになっていきます。1万5000ドルという取引はできませんので、併せて注意してください。

1万通貨の取引は日本円にするとどれ位?

FXでいう1ロットとは「1万通貨」であることは分かりました。では、1万通貨は日本円にするといくらになるのでしょうか。

例えば、1ドル=100円のときであれば1万通貨(=1万ドル)は100万円ということになります。また、1ドル=110円のときであれば1万通貨(=1万ドル)は110万円ということになります。

ユーロ円でも同じです。例えば、1ユーロ=130円のときであれば1万通貨(=1万ユーロ)は130万円ということになります。また、1ユーロ=140円のときであれば1万通貨(=1万ユーロ)は140万円ということになります。

FXのロットの意味は通貨ペアの種類によって違う

これまで、1ロットとは1万通貨単位であるとしましたが、一部例外があります。

ドル円やユーロ円、ポンド円等のメジャーな通貨での取引は1ロット=1万通貨であるのですが、南アフリカランドや香港ドルといった通貨は価格自体が小さいために「1ロットは10万通貨単位」となっている会社がほとんどです。

このように、南アフリカランド/円の場合は他の通貨ペアとは違って、10万通貨単位となっています。

理由としては「価格自体が小さいから」なのですが、因みに2017年11月1日現在の南アフリカランド/円の為替レートは8.05円位というように、例えばドル/円の113.85円と比較してもかなり小さい値段ということが分かりますね。

1ロットの取引の証拠金はどれ位必要なの?

1ロットが1万通貨の取引ということは、実際の取引証拠金はどれ位になるのでしょうか。

例えば、ドル円の価格が100.00円である場合、1ロット(=1万通貨=1万ドル)の取引に必要な証拠金は、

100.00円×1万ドル×4%(証拠金率)=4万円

ということになります。
これが、1ドル=110.00円の場合は、

110.00円×1万ドル×4%(証拠金率)=4.4万円

になりますね。
このように、同じ1万通貨の取引でも、取引時の為替レートによって必要な証拠金の金額は変わります。

なお、1ドル=110.00円の場合でも10ロット(=10万通貨)になると、

100.00円×10万ドル×4%(証拠金率)=40万円

になります。もうこれで大丈夫ですね。

1ロットの取引ではどれ位の利益を損が出るの?

ここでは、1ロット(=1万通貨)の取引を行うとどれ位の利益や損失が発生するのかを確認します。

まず、ドル円の為替レートが100.00円のときに1ロット(=1万通貨=1万ドル)を買ったとします。その後、買ったドル円のレートが110.00円まで上昇したときに決済をして取引を終了すると、その差損益は、

(110.00円-100.00円)×1万通貨=10万円

ということで、10万円の利益ということになります。

また、ユーロ円の取引で為替レートが1ユーロ=130.00円のときに1ロットである1万ユーロを買ったとします。その後、為替レートが128.50円まで下落したときに決済をして取引を終了したとすると、その差損益は、

(128.50円-130.00円)×1万通貨=-1.5万円

ということで、1万5000円の損失ということになります。

まとめ

何かモノを買うときに1つでいいものを10個買ってしまったら大変なことになりますよね。

FXの取引でも、このロット数を間違えるとその後の差損益も比例して大きくなったり小さくなったりしてしまいますので、

1ロット=1万通貨=1万ドル(=1万ユーロ等)

ということをしっかり覚えておいてください。そして、どれ位の取引を行えばどれ位の差損益が発生するのかも併せて理解しておいてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© FXの悩みを解決するためのブログ , 2017 All Rights Reserved.