FXトレーダー育成教材はこちら

最新チャートで見るドル円相場の見方と考え方【2018年9月19日(水)】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、黒田です。
よろしくお願いいたします。

最近のドル円ですが、これまで順調に下落基調でいたところ、為替相場全体が円安の動きとなったことから、ドル円も違わず上昇となっていますね。

それに伴って、過去の高値も上値更新している状況ですので、今後どのようにトレードをしていくか悩ましいところです。

ということで、今回はドル円の日足を使って今後のトレード方針を述べて行きたいと思います。
よろしくお願いいたします。

これまでのトレード方針のおさらい

前回(9/7)で、ドル円日足のトレード方針をこのように書きました。

前回のドル円のトレード方針
少なくとも、111.50円をしっかりと上抜かない限りは売り方針継続

可能なら、112.20円をしっかりと上抜かない限りは売り方針継続

では、実際にどのように相場が変動したのか、チャート使って確認してみましょう。

 

日足チャートの確認

これがドル円の日足チャートです。

こうしてチャートを見てみると、これまで高値安値ともに切り下げて下落していたドル円の値動きが、まずは安値を切り上げて、その後高値を切り上げてきているのがわかりますね。

そして、一番上のラインに青○を囲んでいますが、ここは過去において何度もレジスタンスになったり、サポートになった相場の節目であります。

本ブログでは、この一番上のレジスタンスラインをしっかりと上抜くまでは売り方針で進める、としてきました。

先週は、赤○で囲んだようにちょうどそのラインで止まったので、レジスタンスとしての機能は生きていた状況でしたが、昨日、しっかりと上値ブレイクしたことで、買い方針に転換しました。

本日は、今のところですが一番上のラインは割り込んでいませんね。

ということで、今後は買い方針で進めて行ければと思います。

ご注意
私の相場観やトレード方針は、すでに本ブログをご覧いただいている方はご存じのように、「当たった、外れた」はまったく気にしていません。

私のトレード方法は、相場の節目を見つけて、リスクを取ってリターンを狙い、ダメな場合は早めに損切りし、利益が出てきたら可能な限り増やしていく、という方法を取っています。

その意味で、特殊なトレード方法を行ってはいません。多くのプロトレーダーが利益を上げてきたシンプルで王道的な方法であります。

 

今後のトレード方針

結論からですが、今後のトレード方針としては、

日足の今後のトレード方針
110.70円レベルをしっかりと割り込まない限りは買い方針継続

今後は、110.70円レベルをしっかりと割り込まない限りは、押し目買いで進めたいですね。

理由としては、この110.70円は直近高値安値の61.8%レベルで相場の節目になっているところだからです。

「ちょっと遠いな」と思われている方、今は買い転換したばかりですのでまだ遠いと思いますが、このまま上昇していけば当然転換点も引き上げていきます。

目先のポイントとしては、これまでの転換点であった一番上のラインがサポートに転化できるとどうかです。

仮にサポートに転化できなくても、昨日の安値である111.65円レベルが次にサポートされるか見て行けばいいですね。

注意点
本相場観やトレード方針は、筆者黒田の個人的なものであって、内容を保証したり投資を促すものではありません。
最終的な判断はご自身で行っていただきますようお願いいたします。

 

まとめ

これまで、しばらく売り方針で進めてきましたが、久しぶりに買い転換となりました。押し目があればうまく拾って行きたいですね。

なお、今後相場がどうなるのかなんて誰にもわかりません。

私たちにできることは、相場の流れに逆らわずに、流れの中でその一部を利益として頂戴することです。

予想が当たった、外れたと一喜一憂するより、トータルでプラスに持っていけるトレードを心掛けたいものです。

この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© FXの悩みを解決するためのブログ , 2018 All Rights Reserved.