FXトレーダー育成教材はこちら

最新チャートで見る相場の見方と考え方【2018年2月21日(水)】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、黒田です。
よろしくお願いいたします。

さてドル円は105円台まで下落してから反転上昇しています。

ただこの上昇は、今後継続する上昇なのか、それとも単なる一時的なものなのか、気になるところです。

そこで今回は、現在の上昇を今後トレードを行っていくうえでどう見ていけばいいのか、そのポイントをチャートを見ながら確認していきます。

ということで、よろしくお願いいたします。

ドル円の相場状況

まずは、ドル円のチャートから見てみましょう。

これは、ドル円の日足チャートです。

こうして見てみると、ドル円は先週、日々高値安値を切り下げる下落相場となりました。安値は105.55円レベルまで下げましたね。

一番安値をつけた日は週末の金曜日でした。しかし、この日だけが陽線で下ヒゲを伸ばしたことから、この安値がサポートとなって、週が明けた月曜日から反転している状況です。

では、この反転上昇をどう見ればいいのでしょうか。

それは、このチャートをみても分かるように、高値である113.75円位から105.55円まで下げた8円以上の値幅から考えると、現在までの2円程度の反発は

単なる「戻り」である

と判断できます。

なぜなら、それは、

「3分の1戻り」といわれているところで、フィボナッチでいう38.2%レベルであるからであります。

要は、これまでの下落分の3分の1位までの戻りは、単なる小さい反発であって、今後の上昇を示唆するものではない、ということです。

もちろん、これが相場判断のすべてではありませんが、ある程度の判断を行う目安にはなります。

ということで、ドル円は日足ベースで見る限り、現在の上昇は単なる戻りの範囲内であるということがいえます。

今後のトレード方針

今後のトレード方針としては、現在状況を踏まえて、

108.00円から108.70円位までの戻りであれば売り継続

で見ています。

108.00円というのは、ラインは引いていませんがこのレベルに相場の節目があることから、ここまでの戻りは少なくとも売り込んで行きたいと思います。

なお、下から2番目のラインは108.50円レベルですが、ここは下図の赤○で囲んでいるように、何度もサポートされている重要な節目であります。したがって、このサポートがレジスタンスに転化される可能性があることから、ここも売り込んで行きたいレベルです。

また、108.70円というのはフィボナッチでいう38.2%レベルであるからです。ちょうどで見る必要はありませんが、ある程度のレベルとして参考にすればいいですね。

トレードに関する考え方

今回は「3分の1戻り」ということをご紹介しました。

よく受けるご質問の中に、「3分の1戻るまで我慢したのに、その後も上昇していったら、我慢した分はもったいないのではないか?」という内容は多いです。

この質問に対する答えとしては、

結果としてさらに上昇が継続しただけ

ということをご紹介しています。

3分の1戻りが、戻りではなくその後も上昇を継続しているのは、あくまでも結果論であって、その前には分からないことなのです。

もっと早く判断できないのか?という質問もありますが、それは短い時間足のチャートから同じように見て行けばいいだけです。

但し、全部取ろうとすると全然取れなくなるのが相場でもありますので、あまり欲を出さないこともトレードでは大切です。

この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© FXの悩みを解決するためのブログ , 2018 All Rights Reserved.