最新チャートで見るドル円相場の見方と考え方【2019年2月14日(木)】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、黒田です。
よろしくお願いいたします。

さて、ドル円相場ですが、ずっと横ばいの膠着状態でありましたが、先週より徐々に上昇を試しだし、今週に入って上抜けてきました。

ということで、私なりのドル円の相場観と、今後のトレード方針をお伝えさせていただきます。

それでは、よろしくお願いいたします。

これまでのトレード方針のおさらい

前回(1/30)で、ドル円日足のトレード方針をこのように書きました。

前回のドル円のトレード方針
110.00円をしっかりと上抜かない限り売り方針継続

では、実際にどのように相場が変動したのか、チャート使って確認してみましょう。

 

日足チャートの確認

これがドル円の日足チャートです。

本ブログでは、1/30「110.00円をしっかりと上抜かない限りは売り方針を継続しますが、反対に、しっかりと上抜いてきた際には買い転換したいと思います。」と書きましたが、結果としては、赤○のように110.00円をしっかりと上抜いてきましたね。

流れを見てみると、青○で囲んでいるように1/18の週はずっとレジスタンスが機能して110.00円でしっかりと抑え込まれていました。

しかし、2月に入ってからはわずか15pips程度で微妙ではありますが110.00円をしっかりと上抜いたことからここで買い転換となりましたね。

ただ、110.00円を上抜いてからも当初はしっかりと上抜くことはなく、反対にやや押し目を作る動きとなりました。

ここはなかなか我慢が必要なところで、ダマシかと不安になる人も多かったと思います。

そんな中で今週に入ってから、ドル円はしっかりと上抜きはじめ、本日は111円を達成しています。強気転換(買い転換)は有効でありました。

ということで、問題はここからだと思いますので、今後のトレード方針です。

 

今後のトレード方針

結論からですが、今後のトレード方針としては、

日足の今後のトレード方針
108.50円をしっかりと割り込まない限りは買い方針継続

108.50円とは、赤線のレベルであります。
今後はここをしっかりと割り込まない限りは買い方針で進めて行きます。

これから押し目を作る場面もあるかと思いますが、110円レベルは絶好のサポート(買い場)となるのかも注目ですね。

いずれにしても、これだけ抑え込まれていた110円のレジスタンスを上抜いての上昇はこのライントレードの醍醐味でもあります。

ということで、108.50円を割り込んだら売り転換しますが、そうでない限りは買い進んで行きます。

ここにトピックのタイトル
本相場観やトレード方針は、筆者黒田の個人的なものであって、内容を保証したり投資を促すものではありません。
最終的な判断はご自身で行っていただきますようお願いいたします。

 

まとめ

私がこのブログでご紹介しているライントレードは、相場を予想することなく(相場は予想できません)、今回の110.00円のような相場の節目を見つけて、その節目を使ったトレード方法です。

これにリスク管理を併せることで、損切りも当然しますが、トータルでプラスを目指すものです。

相場に絶対がない以上、優位性のある取引(ライントレード)とリスク管理で相場の流れについていって利益を狙うものです。

この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© FXの悩みを解決するためのブログ , 2019 All Rights Reserved.