FXトレーダー育成教材はこちら

最新チャートで見るドル円相場の見方と考え方【2018年11月22日(木)】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、黒田です。
よろしくお願いいたします。

なんだかパッとしない相場が続いていますね。

ドル円は他の通貨ペアほどではないですが、普段よりは小幅な感じです。

こんなときはあまりトレードという気分にならないかもしれませんが、動き出したときのためにできる準備はあります。

ということで、現在のドル円相場を日足ベースで見て、相場観とトレード方針を述べたいと思います。

よろしくお願いいたします。

これまでのトレード方針のおさらい

前回(11/15)で、ドル円日足のトレード方針をこのように書きました。

前回のドル円のトレード方針
111.50円レベルをしっかりと割り込まない限りは買い方針継続

では、実際にどのように相場が変動したのか、チャート使って確認してみましょう。

日足チャートの確認

これがドル円の日足チャートです。

こうして見てみると、強気転換後に茶線まで上昇したあとに下落となりました。

この際のポイントとしては安値が切り下がらないことと書いて、111.50円を割り込まない限りは買い方針継続としていました。

そんな中、現在に至るまでは赤○赤線で示したように、やや反転気味な動きを見せている状況です。

このまま上昇を継続して、茶線をも上抜くことができれば高値安値の切り上げになりますので上昇傾向は継続と判断できます。

しかし反対に、上昇はしても茶線の手前で反転して下落するようなことになれば今度は高値の切り下げになりますので、黄色信号が点灯し始めます。

高値安値の切り上げ、切り下げというのはそれだけ重要なポイントとなります。

 

今後のトレード方針

結論からですが、今後のトレード方針としては、

日足の今後のトレード方針
111.50円レベルをしっかりと割り込まない限りは買い方針継続

はい、前回と変わりません。同じであります。

大きな変化がない以上、方針もそのまま継続していきます。

日足は分足と違って頻繁に流れが変わることはありません。それだけに好みの問題はありますが、トレードはしやすいかと思います。
注意事項
本相場観やトレード方針は、筆者黒田の個人的なものであって、内容を保証したり投資を促すものではありません。
最終的な判断はご自身で行っていただきますようお願いいたします。

 

まとめ

大きな変化のない相場状況ではありますが、大きな変動が起きてもいいように事前にこうなったらこうする、という仕掛けを行っておくことが大切です。

動き始めて慌ててトレードしても、大体において失敗がつきものですのでご注意ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© FXの悩みを解決するためのブログ , 2018 All Rights Reserved.