FXトレーダー育成教材はこちら

最新チャートで見るドル円相場の見方と考え方【2018年12月6日(木)】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、黒田です。
よろしくお願いいたします。

2週間ぶりになってしまいました。最近は米中関連で相場が上下に忙しい展開となっていますね。

でもよく見てみると、大きな方向転換にはなっていないことに気がつきます。

それはなぜでしょうか。

ということで、現在のドル円相場を日足ベースで見て、前回から引き続いて相場を確認していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

これまでのトレード方針のおさらい

前回(11/22)で、ドル円日足のトレード方針をこのように書きました。

前回のドル円のトレード方針
111.50円レベルをしっかりと割り込まない限りは買い方針継続

では、実際にどのように相場が変動したのか、チャート使って確認してみましょう。

 

日足チャートの確認

これがドル円の日足チャートです。

前回「高値安値の切り上げ、切り下げというのはそれだけ重要なポイントとなります。」ということを書きました。

どういうことかといいますと、茶線である直近高値を切り上げることができるかがひとつのポイントになるということでした。

では、結果的にどうだったのか。

赤○でも囲んでいますが、綺麗に直前で叩かれましたね。

高値を切り上げられなかったということは、今後の上昇を狙っていくうえでちょっと辛い材料になりやすいです。

茶線を切り上げられなかったことで、その後の相場は下落気味で推移しています。

しかしながら、まだ安値は切り下げてはいないですね。

橙線でも引きましたが、安値は切り上っているままです。

そのうえ、黒線で引きましたが、ここ数日は青○で囲んだレベルで何度も支えられています。

この112.50円レベルは過去においても何度も支えられているところですので、そこが意識されてサポートされています。

逆にいえば、ここを割り込んでくると下落に勢いが増す可能性も考慮しなければなりません。

それに、昨日今日と上から2番目のラインで抑えられていますよね。これも気になる材料です。

 

今後のトレード方針

結論からですが、今後のトレード方針としては、

日足の今後のトレード方針
112.00円レベルをしっかりと割り込まない限りは買い方針継続

これまでは「111.50円レベルをしっかりと割り込まない限りは買い方針継続」と書いてきましたが、50pipsだけ切り上げます。

理由は次の3つです。

  • 112.50円というしっかりとしたサポートが存在していること
  • 112.50円の下に112.30円のサポートも存在する
  • さらにその下には112.00円のサポートがある

ということで、これらのサポートが破られてしまえば、高値安値の切り下げにもなるので、112.00円をしっかりと割り込んだ段階で売り転換していきたいと思います。

注意事項
本相場観やトレード方針は、筆者黒田の個人的なものであって、内容を保証したり投資を促すものではありません。
最終的な判断はご自身で行っていただきますようお願いいたします。

 

まとめ

現在状況としてはまだ大きな展開となっていませんが、小さな材料が出てきている状況ですので、注視していきたいと思います。

いずれにしても、相場を読むことはできません。流れに乗って行くだけです。

この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© FXの悩みを解決するためのブログ , 2018 All Rights Reserved.