2wayプライスとは?FXの価格表示の仕組みを詳しく教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Pocket

FX取引をする上で、必ず押さえておきたい基本事項に「2wayプライス(ツーウェイプライス)」があります。これを理解しないまま取引を開始することは非常に危険ですので、ちょっと自信がないと思うあなたはここで理解してしまいましょう。

1. 2wayプライスとは

2wayプライスとは、私たちがFXを取引する際に相手方であるFXが売買できる価格を、「買うことができる価格」と「売ることができる価格」の2種類を同時に提示(表示)させることをいいます。

2wayプライス

この2種類の価格の違いですが、まず左側の価格が安い方(青色の114.257)がBid(ビッド)レートといって「私たちが売ることができる値段」です。そして、右側の価格が高い方(赤色の114.260)がAsk(アスク)レートとかオファーレートといって「私たちが買うことができる値段」です。

つまり、FXでトレードをしようと思ったときにこの「2wayプライス」が表示されていたら、買う場合は「114.260円」で、売る場合は「114.257円」で売れる、という意味になります。安い方の「114.257円」で買いたいとそのボタンを押しても、それは売り注文になりますので注意してください。

2. 他にもある「2wayプライス」で行っている業界

FXや為替の慣習である「2wayプライス」、馴染みがないと戸惑うかもしれませんが、実は私たちの回りにもこの「2wayプライス」を使っている業界があります。身近なものとしては、

・金券ショップ
・古本屋
・宝石店

こんなところでしょうか。これらの業界の共通点としては、買取価格販売価格があるということです。

例えば「金券ショップ」。ここに「Aデパートの10,000円の商品券」があったとしましょう。この商品券を金券ショップに持っていって買い取ってもらおうとすると、お店によっても違いますが大体9,600円位で買い取ってくれます。でも、同じ「Aデパートの10,000円の商品券」をこの金券ショップで買おうとしたら9,600円では売ってくれないですよね。おそらく9,800円とか9,900円位の価格になると思います。

2wayプライス(金券ショップ)

 

古本屋もそうですよね。同じ本でも買い取ってくれる値段と売ってくれる値段は必ず買取値段の方が安いです。そうでなければお店は倒産してしてしまいます。なぜなら、買取価格と販売価格の差額がお店の利益になるんですから。

2wayプライス(古本屋)

 

最後に宝石店ですが、宝石店に行くと「金の買取価格」とか「プラチナの買取価格」という表示があります。これも金券ショップや古本屋と同じで安く仕入れて、加工して仕入れ値以上の価格で売る、という「買取価格」と「販売価格」で成立しています。

2wayプライス(宝石店)

こうやって見てみると、実は為替だけが特別な仕組みではなく、多くの業界でも使われている仕組みであることが分かります。

3. 2wayプライスで何が分かる?

上記で為替以外でも2wayプライスを用いている業界を紹介しましたが、この「2wayプライス」で結局何が分かるのでしょうか。

それは「コスト」です。上記で買取価格と販売価格の差がお店の利益といいましたが、逆に捉えるとお店の利益はこちら側の「コスト」になります。

FXでは2wayプライスといって2種類の価格を同時に提示していますが、このBidレートとAskレートの差額のことを「スプレッド」といって私たちがFX取引をするうえでのコストがどれ位かかるのか、ということが分かるようになっています。

例えば下記の2wayプライス

2wayプライス(ボード)

この場合、10,000ドルの取引であれば、スプレッド =0.003円
(=114.260円-114.257円)なので、

10,000通貨×0.003円=30円

ということで、取引コストは買いと売りの往復分で30円となります。

4. なぜ、わざわざ2つの価格を提示するのか?

これまで、為替の価格は売値と買値の2種類の価格を同時に提示すると述べてきましたが、では一体なぜわざわざ2種類の価格を同時に提示するのでしょうか。

答えを先にいうと、それは「公平性を保つため」と言えます。どういうことかというと、例えば取引をする際に「とにかくいくらでも構わないので買いたい」という意思表示があった場合、実勢レート(=正しいレート)よりも高い価格で売りつけることが可能なんですね。

具体的にいうと、例えば現在値が「110.15-18(売ることができるのが110.15円で、買うことができるのが110.18円)」という場合、取引者が「いくらでも構わないので100万ドル買いたい」という意思表示をすれば、相手方は実際よりも違う「110.17-20」というように高い価格で買わせることができてしまうんですね。

でもこれでは公平性が保たれないということで、為替の世界では取引の際に先に言うのは「ドル円を100万ドルの価格をちょうだい」という意識表示だけです。これなら相手方は取引者が買いたいのか、売りたいのか分からないので、価格を操作することができないですよね。

ちゃんと、売値と買値を同時に提示する意味で「2wayプライス」はいい仕組みとなっています。

5. まとめ

ここで記載したことで「2wayプライス」については十分です。あとは、「2. 他にもある「2wayプライス」で行っている業界」で書いた業界以外でもたくさん2wayプライスで表示しているところがありますので、是非普段から意識してみてください。実は結構多いことが分かります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料E-Book ダウンロード

多くの人が相場で負けてしまていますが、実はそれ、ある法則のためで当然のことであります。

でも、ちょっとしたことで抜け出すことができますので安心してください。

無料といっても、トレーダー育成講師の立場から誰も語りたがらない真実を書きました。

【無料E-Book】

相場で負けるのは、実は
ある法則で当たり前のこと!
でも安心
ちょっとしたこの3つを変えるだけで
10%の勝ち組に入れる!


これを読んで勝ち組トレーダーの一員になってください。

 

メールアドレス
(必須)


お名前







なお、ご登録いただいた方には、トレード技術の向上や修復に役立つ無料メルマガ【トレード術を学ぶ黒田のFX塾】をお届けいたします。
※不要な場合は、いつでもワンクリックで解除できます。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す