FXトレーダー育成教材はこちら

FXで勝つために最低限知っておくべきチャートパターンはこの3つ!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら

FXをはじめた際に、ローソク足やチャートの勉強もするのですが、どういうときに買えばいいのか、もしくはどのようなチャートになれば売ればいいのか、よくわからないことも多いと思います。

そこで今回は、チャート初心者の方のために、基本中のキホンである3つのチャートパターンをご紹介します。

この3つのパターンを知っていれば、それだけでなんとなく行っていた無駄なトレードをしなくてすむようになるだけではなく、勝率の上がるトレードができるようになります。

チャートをどう見ていいのかまだ自信がない方は、是非この機会に3つのパターンを覚えて勝てる機会を増やしてください。

ダブルトップ

ダブルトップとは、同じ価格レベルの高値を2つ形成している状態で、チャートの形でいうと2つの山のようになっているパターンをいいます。

この図のように、2つの同じ価格レベルで高値を形成しているということは、赤い線で引いてある価格帯に売り圧力が強く存在すると判断ができます。

売り圧力が強いということは、ここを上抜いていかない限り下落しやすい環境と見ることができますので、売り方針のトレードをしていったほうが利益は狙いやすい環境といえます。

反面、これだけの売り圧力を突破して上抜いた場合、それだけ買い圧力が強いと判断できます。

そのため、下図のように上抜いたところからは買い方針で進めていくというトレード方針も成り立ちます。

さらに、次の図を見てください。

今度はネックラインという考え方です。

青いラインをネックラインといって、基本的にここを割り込んでから売っていくというトレード方針も可能です。

なぜなら、ダブルトップを形成して上値が重たくなっていて、さらに直近安値であるネックラインを割り込むということは、

  • 高値を更新できず
  • 安値を切り下げた

ということで、ここから売っていき、さらに下値を狙っていくという方針が可能となります。

 

ダブルボトム

次は、ダブルボトムです。

これはダブルトップの逆パターンと理解してもらえれば大丈夫です。

つまり、ダブルボトムとは、同じ価格レベルの安値を2つ形成している状態で、チャートの形でいうと2つの谷のようになっているパターンをいいます。

この図のように、2つの同じ価格レベルで安値を形成しているということは、赤い線で引いてある価格帯に買い圧力が強く存在すると判断ができます。

買い圧力が強いということは、ここを割り込んでいかない限り上昇しやすい環境と見ることができますので、買い方針のトレードをしていったほうが利益は狙いやすいと状況といえます。

反面、これだけの買い圧力を突破して割り込んだ場合、それだけ売り圧力が強いと判断できます。

そのため、下図のように割り込んだところからは売り方針で進めていくというトレード方針が成り立たせることができます

さらに、次の図を見てください。

今度はネックラインという考え方です。

青いラインをネックラインといい、基本的にここを上抜いてから買っていくというトレード方針も可能です。

なぜなら、ダブルボトムを形成して下値が底固くなっていて、さらに直近高値であるネックラインを上抜いていくということは、

  • 安値を更新できず
  • 高値を切り上げた

ということで、ここから買っていき上値を狙っていくという方針が可能となります。

 

レンジ(ボックス)

次はレンジ相場、もしくはボックス相場といわれるものです。

これは、ある2つの価格帯の範囲内で何度も上下変動を繰り返すパターンです。

このように、ある一定の範囲内で何度も上下を繰り返すパターンをレンジ相場といいます。

トレード方針としては、赤い線の範囲内を何度も行ったり来たりしていますので、この範囲内で収まって上下している間は、

  • 下の赤線の手前である青○では買い
  • 上の赤線の手前である橙〇では売り

という方法が成り立ちます。

また、それだけ何度も一定の範囲内で上下を繰り返していたということは、そこを上抜いたり、割り込んだりした場合は、その方向(相場の流れ)についていくというトレード方針も成り立ちます。

つまり、レンジ上限である高値圏をさらに上抜くということは、ダブルトップを上抜くということと同じなので、青〇のように「上抜いたところから買っていく」というトレードが可能です。

反対に、レンジ下限である安値圏をさらに割り込んでしまうということは、ダブルボトムを割り込むということと同じなので橙〇のように「割り込んだところから売っていく」というトレードが可能です。

 

まとめ

以上、基本中のキホンであるチャートパターンを3つご紹介しました。

この3つは非常に重要なパターンですので、必ず覚えて使えるようにしてください。

そうなれば、勝てるトレードに一歩も二歩も進むことができます。この3つのパターンだけでトレードしても構いません。それだけでも十分価値のあるパターンです。

これを機に、勝てるトレーダーになっていただければ私も嬉しい限りです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© FXの悩みを解決するためのブログ , 2018 All Rights Reserved.