円高のときにドルを買うタイミングはいつ?FXで勝てる2つのトレード方法がこれ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら

為替相場が円高傾向にあるときに、FXトレードの手法としては円買いの取引、つまり、ドル円であればドル売り円買いのトレードをするのが勝利への近道です。

なぜなら、相場の流れに乗った取引であるからなんですね。

しかし、FX初心者の多くは売りポジションを持つのをできる限り避けて、買いたいと思うのが常であります。

そこで今回は、円高の為替相場でドルを買うトレードを行うには、どういった相場で、どういうタイミングで行うのが勝つ確率が高いのか、それをお伝えしたいと思います。

円高だからといって、なんとなくドルを買うのではなく、勝つ確率の高いタイミングを判断できるようになりましょう。そうすれば収益チャンスは広がります。

それでは始めます。

そもそも円高とは?

はじめに基本から確認します。
為替において、円高とはどのような状況をいうのでしょうか。それは、

円高とは、ドルなどの外国通貨に対して円の価値が高く(強く)なることをいいます。 例えば、1ドルが120円から100円になるように値段が小さくなった場合、これまでは 1ドルを買うのに120円必要だったのが、100円で買えるようになった、というのが「円高になった」ことになるのです。

仮に日本円で1,200円持っている場合、1ドルが120円なら10ドルしか買えませんが、1ドルが100円なら12ドル買えますよね。たくさんドルを買える分、円の価値が高い(=円高)ということになるのです。

それでは、次より円高相場でもドル買いでポジションが持っていくトレードのパターンを具体的にお伝えします。

それはレンジ相場になっているとき

円高相場でもドル買いでポジションが持っていくトレードのパターンは「レンジ相場」になっているときです。

レンジ相場とは、ボックス相場ともいって下図のように、一定の価格帯の中を上下に何度も行ったり来たりする相場状況のことです。

レンジ相場とは

ちなみに、上の赤線のことを「レンジ上限」といったり、下の青線のことを「レンジ下限」と言ったりします。

このように、相場ではレンジ相場となる場合が結構あります。特に、ドル円はレンジ相場となることが多い通貨ペアですので、レンジ相場を使った取引には向いているといえます。

したがって、ドル円で買いポジションを持ちたい場合は、レンジ相場を狙うことは確率的にも有効なトレードのひとつといえますね。

それでは、具体的なレンジ相場のトレード方法を確認しましょう。

レンジ相場におけるトレード方法について

レンジ相場(ボックス相場)におけるトレード方法は全部で4種類あります。

その中で、ドル買い円売りで行うトレード手法は2種類です。しかし、初心者の段階では難しいと感じてしまう可能性が高いので、まずは1種類に絞ってしまいましょう。

その1種類とはこれです。

1. レンジ下限の手前で買う

この「レンジ下限の手前で買う」方法は、非常に分かりやすいトレード方法なので初心者におススメです。

具体的なトレード方法は、下図を見てください。

レンジ相場で買う方法

このように、レンジ相場では同じ価格帯を何度も上下変動する傾向があります。この傾向を利用してトレードをしてしまうのがこの方法で、上下変動で下へと下落してきた際に、反転傾向のあるレンジ下限の手前で買うのです。

この方法であれば、相場が反転上昇するタイミングでうまく買うことができますし、なによりも買うタイミングが分かりやすいのが一番です。

レンジ相場の利食いのタイミングはいつ?

レンジ下限の手前でうまく買えた場合、利益の確定(利食い)はどのタイミングで行えばいいのでしょうか。

それは、レンジの上限の手前で行えばいいです。

下図を見てください。

レンジ相場の利益確定

このように、レンジ相場がある一定の価格帯を何度も上下変動する特性を活かして、利益確定はレンジ上限の手前で行えばいいですね。

それに、この方法ならずっと相場を見ていなくても、あらかじめ「指値」で「○○円になったら利益確定しますよ」という注文を出しておけば、実際にその価格になったときに自動的にちゃんと利益確定してくれます。

買ったはいいけど反転しなかった場合はどうする?

レンジ相場の場合、レンジの下限で反転する確率は高いといえますが、それでも必ず反転するとは限りません。そのように反転しないで、そのままレンジを割り込んで下落してしまった場合はどうしたらいいのでしょうか。

その場合は、下図のようにレンジ下限を割り込んだところで早めに損切りします。そうすれば、損失は少額で済ませることができます。

レンジ相場の損失確定

トレードや相場に絶対はない以上、必ず少額のうちに損切りしてしまいましょう。それが相場で長生きするコツです。

2. レンジ相場のトレードに慣れてきたら

これまでご紹介したレンジ相場のトレード方法に慣れてきたら、次の方法を試してみましょう。

最初は難しいかも知れませんが、これも確率的に有効なトレード手法です。

レンジブレイクで買う方法

それは、あえて値段が高くなってから買うトレード方法です。

なぜ、値段が高くなってから買うのか?それは、レンジ相場では「ブレイク」といってある価格帯を上抜いたり、下抜いたりするとその方向へ変動しやすい傾向があるからなのです。

したがって、レンジ相場であったものがレンジ上限を上抜く(ブレイクする)と、さらに上に行きやすい状況になる傾向があるので、あえてそこから買っていくのです。

レンジブレイクした際の傾向性

このトレード方法ができるようになると、収益チャンスが広がりますので、機会があれば是非トライしてみてください。

まとめ

以上、円高相場であってもあえて「買いからはじめたい」場合のトレード方法をご紹介しました。

冒頭でも述べましたが、円高相場であれば本来は売りから始めるのが勝つためのセオリーです。

しかし、初心者のうちはなかなかそれができないのも分かりますので、今回ご紹介した方法であれば、買いからはじめても勝つ確率はなんとなく買うよりもずっと上がりますので、是非試してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© FXの悩みを解決するためのブログ , 2018 All Rights Reserved.