2017/11/07

最新チャートで見る相場の見方と考え方【2017年10月24日(火)】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、よろしくお願いいたします。

ドル円ですが、これまでのレジスタンス(=抵抗線)を上抜いて高値更新となりました。

ということで、今後のトレードのポイントはどこなのか。そういったところを一緒に確認していきましょう。

まずは、チャートを見てみます。

これは、ドル円の日足です。

これまではずっとレンジ相場で、その後は一旦上昇中の下落部分である押し目を形成しました。

しかし、直近安値を割り込むことなく反転上昇したことから、高値更新をうかがう展開となりました。
ただ、先週までは高値は更新できませんでしたが、昨日赤○で囲んでいるようにレジスタンスラインを上抜いて高値更新となりました。

これで、これまで同様に買い方針継続のままです。

私のトレードの特徴は、

  • 相場は予想しない
  • 水平線しか使わない
  • リスク管理をしっかりする

の3つになります。

相場は「予想できないと勝てない」というのは間違いであります。
今後の相場を予想することなんてできません。むしろ、「いつ何が起こるか分からない」ということを前提にしなければ相場で勝つことは難しいです。

もっと言えば、「相場は予想できない」というところから出発しないと勝てるようにはならない、といったほうがいいです。

話を戻しますが、
今後のポイントとしては、現在押し目気味に推移している状況が112.50円もしくは、直近安値の111.65円レベルをしっかりと割り込んでこない限りは買い方針で進めたいところです。

そうであれば、安値の切り下げにならないので売り材料とはならないからです。

上昇相場で、売り材料がなければ買うだけです。あとは、買い場探しをしていけばいいだけですね。

現在では、112.50円や直近安値の111.65円の手前は買い場としてはいいですね。

目指すはドル円のレートにおいて重要な節目の115.00円です。行くかどうかは分かりませんが、目標値として見て行きたいです。

なお、現状では一番下のラインを割り込んできたら、売り方針として進めて行きたいです。

 

私のトレード方法を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© FXの悩みを解決するためのブログ , 2017 All Rights Reserved.