FXトレーダー育成教材はこちら

最新チャートで見るドル円相場の見方と考え方【2018年8月10日(金)】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、黒田です。
よろしくお願いいたします。

為替相場ですが、ここ最近、特に本日は全面円高といった流れで推移していますね。

ただ、ドル円についてはクロス円のような下落とはなっておらず、ユーロドルも下がっていることからドルはそんなに弱くない状況といえます。

ということで、もうすぐお盆となりますが、個人的なドル円の相場状況とトレード方針を述べさせていただきます。それでは、よろしくお願いいたします。

これまでのトレード方針のおさらい

前回(8/3)で、ドル円日足のトレード方針をこのように書きました。

日足の今後のトレード方針
赤線で引いている110.30円レベルをしっかりと割り込まない限りは買い方針継続。

では、実際にどのように相場が変動しているのか、チャート使って確認してみましょう。

 

日足チャートの確認

これがドル円の日足チャートです。

こうして見てみると、日々高値安値を切り下げています。そして、直近安値である110.60円レベル付近まで下げてきていますね。

これは冒頭でも書きましたが、現在全面円高の流れで為替相場が推移しているので、その影響でドル円も円高の動きで下落しています。

決して、ドル安で下落しているわけではないんですね。

では、この相場状況の中で、今後どのようにトレード方針を固めて行けばいいのでしょうか。

 

今後のトレード方針

結論からですが、今後のトレード方針としては、

日足の今後のトレード方針
変わらず、110.30円レベルをしっかりと割り込まない限りは買い方針継続。

はい、前回と変わりません。

110.30円に近づいてきているからといって変更することはないです。

反対に、110.30円をしっかりと割り込むようなことがあれば、そこから売り込んで行きたいですね。

日足では、高値も切り下がってきていますので、安値更新にも該当する110.30円割れでは、もう買う理由はないとしてそこから売っていきたいです。

注意
110.30円タッチで売るわけではないです。あくまでもしっかりと割り込んでからになりますのでご注意ください。
また、この相場観は黒田個人のもので投資を促すものではありません。最終的な判断はご自身にてお願いいたします。

 

まとめ

現在、クロス円を中心に円高で下落中ですが、その流れにドル円がどこまで影響を受けるのか注目しています。

しっかりとサポートで支えられれば絶好の買い場ですし、反対にしっかりと割り込んでくるようなことになれば、そこからは売って行きたいです。そのために相場の節目は役に立ちますね。

この記事を書いている人 - WRITER -
FXでなかなか勝てない人を勝てるようにするFXトレーダー育成の専門家です。誰でもトレードで負けるのには原因があります。多くの人はその原因に気づかないので勝てるようにならないだけです。そんな気づきをお伝えするのが得意です。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© FXの悩みを解決するためのブログ , 2018 All Rights Reserved.